ホームページ キッチントップへ
Q&Aマップ | サイトマップ
フリー素材ホームページ HTML テクニックホームページの配色ホームページ作成 環境ホームページ作成 ソフト
ホームページ キッチン トップへ

-- Photoshop 7 --
修復ブラシで"しみ"をとる


加工前

加工後

お花の右側にあるしみをとります。自分の顔でやれって言わないで(;_;)


Step1

最近デジカメを買ったわたし。もちろん腕は素人(^_^; 見るに見かねてデジタル補正に走る。の巻です。(笑)

顔のしわでもシミでも、なんでもいいのですが補正する方法です。

まずは「修復ブラシツール」を選択します。Photoshop7からの驚異的ツールです。

しみの近くの場所(しみの部分と似たようなパターンのところね)でAlt + クリックします。(サンプリングといいます)
Step2

しみ部分をドラッグします。

サンプリングした場所が、しみの上にコピーされて行きます。

サンプリングした場所の方が明度が高いので、明るさがかなり目立って「消しました」という感じになってしまってますね。
Step3

ところが、ドラッグ中は明度の差が気になりますが、手を離すとちゃんと周りの色となじみます。すごいでしょ?(^^;)

でもまだちょっと不自然ですね。

次のページ >|


| 道具 トップへ |

| ホームページ作成TOP |

-- CopyRight(C) www.pw-design.jp 2006 Haruyo --